チャンピックスなら禁煙できる

チャンピックスはどうしてもタバコを止められない方に最適な飲み薬です。
ついつい喫煙してしまうそのメカニズムは単純で、喫煙をするとスーッとするなどの快感が手軽に得られる為に吸ってしまうのです。
喫煙を止められない人の脳内にはニコチン受容体が大量に存在している状態となっています。
ニコチン受容体は、ニコチンを受け取ると快感物質であるドパミンを放出します。これによって、喫煙すると落ち着く、気持ちがいい、と感じるのです。
本来は、物事の達成や食事などでドパミンが発生しますので「食事が美味しい」と満足しますが、喫煙者はニコチン受容体からそれ以上のドパミンを簡単に放出してもらえるので「食事を食べるよりもタバコの方が美味しい」と感じるようになります。
そして、ニコチン受容体はニコチンを摂取しつづけるとその数を増やしていきます。最初はあまり好きではなかったけれども、吸えば吸うほど気持ちが良くなっていく現象が生じるのはこのためです。
ですので無理に禁煙をすると、ニコチン受容体が日常の満足を上回る状態を作り出していたものを急に断ち切ってしまうことになります。これでは、タバコに再び手が伸びてしまうのも仕方がないのです。
チャンピックスは、ニコチンを含まない飲み薬です。ニコチンを含まずニコチン受容体の活動を抑えることで体内にニコチンを必要としなくする方向へ変化させる手法です。ニコチン受容体はニコチンがあれば増え、無ければその意味をなくしますので減少します。
これまでの禁煙薬はタバコ以外からニコチンを吸収することでニコチン受容体からドパミンを放出される手法でした。この手法ではニコチン受容体はニコチンと結合を続けていますので、ニコチン受容体の数は減りません。つまり、ニコチンを摂取することによる快感の度合いが下がらないのです。
チャンピックスはニコチン受容体と結合してニコチン受容体がニコチンと結合することを阻害します。その為、タバコを吸っても満足がいかなくなるのです。
また、チャンピックスはニコチン受容体と結合した際に少量のドパミンを放出させる為、緩やかな快感を得られますので「吸っていない時間のドパミン不足によるイライラ」が軽減されます。
チャンピックスはタバコを美味しく感じさせないこととイライラを抑えるという2つのアプローチで禁煙を促すと共に、タバコを求めるサイクルの基盤となっているニコチン受容体の数を自然に減少させていくことで無理なく禁煙することができるのです。