チャンピックスは喫煙の際タバコを不味いと感じさせる

タバコを止めるのにあたり、喫煙が大好きな人にとって自力で断絶するのはなかなか難しいことです。
チャンピックスは、禁煙サポート薬ではありますが、タバコを吸いながら飲用するというものです。
よくあるニコチンの含まれている禁煙のための薬やグッズとは異なり、チャンピックスにはニコチンは含まれていません。
ニコチンを体内に入れて禁煙による諸症状を緩和させるのではなく、チャンピックスはタバコそのものを不味いと感じさせることが最大の目的です。
タバコを吸った時に体内を巡る快楽的な感覚。
これこそが喫煙の習慣を断絶できない原因との考えです。
要は、美味しいから吸いたいという思考回路を、不味いから吸いたくない、そして吸わないといった流れに自然にもっていくのがチャンピックスの力です。
また、禁煙につきものなのが、我慢しているというストレスですが、チャンピックスは我慢をするのではなく、喫煙しながらの服用。
よって、プレッシャーも少なくなりますし、ストレスなどの精神的負担も減ると考えられています。
なお、実際にチャンピックスを服用して禁煙に成功した人は100%ではありません。
ヘビースモーカーでも、服用したことによりタバコを不味いと感じた人もいれば、そこまで依存していなかったにも関わらず、不味いと感じられないケースもあります。
ただ、タバコは自分の意志とは関係なく身体が欲するものですので、中には不味いと感じながらも喫煙の習慣が止められず本数が減らないといった人もいます。
いろいろなケースがありますが、喫煙習慣に終止符を打ちたいとは思いながらも、後ろ髪惹かれてついタバコを買ってしまうタイプなら、チャンピックスは使いやすいようです。