煙草を吸いたい人は我慢して禁煙をしなくてもいい

たばこを禁煙している人はどんどん増えてきました。理由は人それぞれでしょうが、大きな理由としては増税が挙げられるのではないでしょうか。たくさんお金を払ってまで、たばこを吸いたいとは思わないという人はたくさんいます。しかし、たばこを吸いたい人は増税なんて関係ないとばかりにたくさん吸っています。たばこは健康のためには良くないのですが、無理やりたばこを吸いたいという欲求を我慢してストレスがたまってしまい、生活に悪影響があるという人も一部います。無理やり我慢して生活に悪影響があるのであれば、吸ってストレス解消をした方がその人にとってはいいでしょう。でも、たばこを吸う人は、まわりの人に配慮しなければなりません。世間では、たばこを吸える場所がどんどん減っているのは事実です。禁煙をしている人が増えれば増える程、たばこを敬遠する人は多いのです。たばこを吸う人には肩身が狭い時代になってきましたが、吸いたい人は吸えばいいのではないでしょうか。すべて自己責任でやっているので、健康に関しても自己責任なので、本人さえよければ問題はありません。当然、人に迷惑をかけてはいけないのは言うまでもありません。たばこをストレス解消と考えている人はとても多いです。たばこを吸う人にとって食後や仕事の合間での一服は、かけがえのないひと時です。このかけがえのないひと時というのが重要であって、禁煙をしている人がこの喫煙者の楽しみを奪う権利はありません。まとめますが、たばこを吸う人は絶対やめたいという気持ちがないのであれば、無理やり吸いたい気持ちを我慢してストレスをためてしまうのであれば、自己責任においてたばこを吸えばいいと感じてもいいのではないでしょうか。